​仁泉指導会の設立

​ 当財団は、大正15年7月15日(西暦1926年)、大正天皇の下賜基金によって、内閣総理大臣 田中義一が設立した由緒ある恩賜財団法人であります。

 田中義一は、健全な児童を育成するには、まず健全な家庭生活が基本であると説きました。

また、彼は常に目を世界に向けると同時に、わが国国有の文化を尊重し、決して考えが偏ることのないよう一貫した教育信条を通しました。

そして、「日本の将来を担う児童育成教育こそが重要である」と決意し、財団法人 仁泉指導会を設立し、自ら初代理事長に就任し、政府​要職を退いた後も、その目的達成のため生涯を当財団に捧げました。この教育信条は、現在も当財団のため生涯を当財団に捧げました。この教育信条は、現在も当財団の基本精神として引き継がれています。

​概 要

​会 長

​理 事 長

​林 功浩

​松村 由紀子

​副理事長

​福田 浩史

​検崎 雄二

​理 事

​奈良 太一

​理 事

​内藤ウスマン

​理 事

宮﨑 美榮

​参 与

​渋田 慎

​参 与

​設 立 年 月 日

​大正15年7月15日

​主 務 官 庁

​厚 生 労 働 省

​事   業

​キッズチャレンジキャラバン

​小学校・中学校での

​プログラミング学習の開催

​キッズチャレンジエキスポ

​子ども職業体験の開催

​「ウィズ コロナ」

​新しい生活スタイルへの

​チャレンジ

​ 子供の職業体験イベント「キッズチャレンジエキスポ」「キッズチャレンジキャラバン」「キッズチャレンジオンライン」では協賛企業を募集しております。企業CSR活動として、子供の未来の応援をご検討​のスポンサー企業様、SDGs促進などとしても連携可能です。ご興味ございましたら是非、お気軽にお問い合わせください。

​一般財団法人 仁泉指導会 問い合わせ担当:奈良

  • Facebookの社会的なアイコン

​nara@jinsen.or.jp